かわいい手仕事

たまたま訪ねた阪急うめだ本店9Fで
松浦香苗さんの針仕事と1940年代〜1960年代にかけてアメリカで作られたハンカチの展覧会を開催しておりました。

初めて拝見したのですが。
手仕事で丁寧につくられたパッチワークの数々とそれだけではなく
面白い布の組み合わせがたくさんありとても興味深かったです。
写真撮影OKでしたので写真をたくさん撮影させていただきました。

 

フルーツと赤い布地の組み合わせが家事の楽しさを表現しているみたいですね。

 

田辺聖子さんの「言い寄る」の装丁に使われているハンカチがあって驚きました。
あのデザインはつくづく素敵だなと思っていたらハンカチから作られていたんですね。

どこか昭和の楽しさや行事の楽しさ暮らしが伝わってきて
今後の作品づくりのヒントになりそうでした。たまの外出もいいものですね。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。